学会の歴史
海外学会との
関わり
歴代会長
倫理網領
会則
理事
知識
ニュース
入会申し込み等
学会報告
HOME
頭髪治療について
今川賢一郎

・日本の植毛の現状について

 植毛の歴史は60年程で、10年くらい前までは「パンチ式植毛術」が主に行われていました。これは直径3〜4mmの大きさで毛根ごとに採取した10本程のヘアの「株」(グラフト)をそのまま薄毛部分に移植するというものでした。ただ大きな株だと1度の手術のみで不自然に見えるのが難点で、この短所を補うため1株をより小さくする方法が考案され「ミニグラフト」「マイクログラフト」と名づけられました。これらはパンチ植毛術の補助的な方法として1990年ごろから用いられ始め、次第にミニ・マイクログラフトのみで行われるようになりました。
 1990年中ごろから、より新しい概念としてヘアの解剖学的単位、すなわち「FU」(フォリキュラーユニット)ごとに顕微鏡下で株分けする「FUT」(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)が発表され、またたく間に植毛医達に受け入れられました。現在欧米で行われている植毛法は旧態依然とした方法はともかく、次の3種類ということになります。

(1)マイクロ植毛
(2) ミニ・マイクロ植毛
(3)FUT

(1)と(2)はサイズの分類で、必ずしもFUと関連しない株分けで植毛する方法で、(3)はFUごとの顕微鏡下で株分けする方法であるという前提がつきます。
当然、単独ではなく、(1)プラス(3)とか、(2)プラス(3)のような組み合わせもあり得るわけでそのためにクリニックによって“○○式植毛”といった言い方になります。
なお、レーザー植毛など株のサイズごとに関係なく、植え込みに使用する機械の名称のものもあります。
このような欧米の植毛技術の進化のプロセスとは別に日本では多くのクリニックが単一植毛やバンドル植毛などの方法を採用しています。これは、1990年初頭に韓国の医師によって考案されたChoi式植毛針、それとよく似たKim式植毛針を用いて穴あけと植え込みを同時に行うシステムです。やはりFUごとに株分けされますが、顕微鏡を使わないので欧米では@の分類に入るとされています。欧米の株が次第に小さくなっていった流れとは違い1本ごとの株がFUという概念に結びついていった独自の方法と言えます。
 ご存知のように白人は金髪〜茶色でヘアは細くてウェーブがかっています。それに対して日本人は直毛が多く、黒髪で太いという特徴があります。また密度も白人の場合200本/cu以上なのに比較して30%ぐらい少ないと言われています。これら日本人のヘアの特徴は植毛するにあたって白人と比較して不利なことが多くなります。つまり、同じ本数のヘアを得るためには広いドナーの面積が必要になります。また明るい色調の頭皮と直毛で黒髪のコントラストが強いため、地肌が見えやすく十分な密度の達成が必要になります。
 もう一つ、日本人は、ドナーの傷が目立ちやすいというハンデもあります。つまり、傷が盛り上がって赤くなる「肥厚性瘢痕」(ケロイド)をおこす体質の人が白人より多いといわれています。また、白人は小顔で奥行きがありますが、日本人はその逆です。つまりヘアラインをつくるためには、白人より多くのヘアが必要になってきます。そのため日本人の植毛はパンチ式植毛の時代にはなかなか普及せず人工毛植毛がそれにかわって盛んに行われてきました。
 ただ、先ほど述べたような過去10年間におけるこの分野のいちじるしい技術革新により「自然さ」と「十分なボリューム」の共々得られるようになって急激に植毛のシェアが拡大しているようです。
 欧米流のマイクロ・ミニ植毛やFUTなどの流れと日本、韓国独自の単一植毛法が混在しているのが日本の現状でしょう。



|  NEXT 


▲ページトップへ