学会の歴史
海外学会との
関わり
歴代会長
倫理網領
会則
理事
知識
ニュース
入会申し込み等
学会報告
HOME
男性型脱毛症と薬治療
佐藤 明男

1.男性型脱毛症(Androgenetic Alopecia;AGA)とは

または壮年性脱毛症とは、思春期以降に主に遺伝的背景を持って出現する進行性の「禿頭症」のことを呼びます。症状の出現部位は、前頭から頭頂部が主体で一部後頭部の上方まで連続的に罹患することがあります。
 原因を簡単に言えば、毛乳頭細胞における男性ホルモン受容体の感受性の強さによるのですが、複雑な経路にて起こっていると考えられています。

2. 保存的治療

a.外用薬「ミノキシジール:Minoxydile」

1970年代後半に高血圧治療薬(内服薬)として開発されたミノキシジールは副作用として多毛症を引き起こすことが報告されました。この副作用である多毛症を起こすことを利用して作られたのが発毛薬である外用のミノキシジールです 。現在、欧米では商品名「ロゲイン」という2%、5%の外用薬(図-1)が販売されています。
日本では、商品名「リアップ」という1%外用薬だけが薬局にて販売されています。
1987年、米国の製薬企業であるUp & Jhon 社は臨床治験の成績を発表しました。これは、男性型脱毛症の頭頂部患者のうち30%に毛髪再生を認めたというものでした。FDA(米国薬品食品衛生局)はロゲインを「頭髪治療薬」として認可しました。しかし、当時はミノキシジールの薬理作用と毛髪再生の作用機序は明確に証明されておらず、その後の研究で、角質化細胞の増殖促進効果、皮下組織の血流促進効果、毛乳頭細胞の血管内皮細胞増殖因子の増加効果などが報告されましたが、現在では毛乳頭細胞においてprostaglandin endoperoxide synthetase-1 が活性化され、PGE2 の合成が高まり毛髪再生が促進されると考えられています。
その臨床効果に関してOlsenらは、Norwood分類でVvertexとWの患者を対象に調査したところ、5%,ミノキシジール使用者のうち23%で軽度改善、35%で中等度または高度に改善し、2%,ミノキシジール使用者のうち22%で軽度改善、24%で中等度または高度に改善したと報告しています。また、5%のミノキシジールは日本人の頭皮には刺激が強く、接触性皮膚炎を起こしやすい事が時々あります。
ではなぜ、このように発毛効果の高いミノキシジールを内服で使用しないのか、ということを説明します。これは、実験で犬に3 mg/Kgの容量で内服させたところ心臓破裂が起こりました。これは、ミノキシジールが心筋のアポトーシス(細胞の自己死)を抑制することより心筋肥大が起こり破裂したと考えられたからです。その後、同様に何回も犬の実験を行いましたが犬の心筋破裂は起こらなかったということです。しかしながら、実際の人間に心臓破裂が起こったら重大事ですから、実際の頭髪治療には使われておりません。世界的にも、頭髪治療用の内服薬としてのエビデンスは無いと考えられています。




| NEXT |


▲ページトップへ